バイクの保険であるロードサービスとは

ロードサービスとはバイクの盗難や事故などに対応してくれる保険のことです。

概要をお話ししてみましょう。

盗難・事故に対応してくれるバイク保険。

ロードサービスの保険適用範囲は、ザックリ言ってしまうとバイクの盗難と事故対応・保障です。

バイクの盗難事故というのは国内で頻発していて、年間で約6万件に達しています。

一度盗まれてしまうと届け出を出しても検挙される率は非常に少なく、盗難件数全体の11%程度しかオーナーのもとに返ってこないというデータが公表されています。

「盗難場所は駐輪場や戸建て住宅・集合住宅の前に停めていたりしたとき」ということですから、特別な場所ではありません。

良く停める当然の場所で盗難が起っています。

高く売れるのでバイクの盗難は後を絶たない。

日本のバイクは品質・性能ともに世界トップクラスで耐久性も抜群なので、盗難に遭う確率は極めて高いです。

海外に密輸されてしまえばそれで一巻の終わりということになります。

バイク保険の会社によりますが、パーツ盗難保険や鍵穴いたずらなどによる被害に対応した保障もしてくれます。

また事故やトラブルなどのアクシデントにも対応してくれます。

レッカーサービス、現場への緊急対応をはじめ、ガス欠、バッテリー切れといった事柄にも対処してくれます。

バイクの保険であるロードサービスの保障内容はプランによっていろいろです。

保険料をケチらずにオールインワン型のプランを選択しましょう。

保険料はプランによって異なりますが、年間で6,000円~10,000円の範囲です。

プランの内容によって保障範囲が違ってきます。

保障範囲の狭い6,000円コースを選んで後悔するより、ほとんどすべてをカバーしてくれる10,000円コースを選択しておいたほうが無難です。

Comments are closed.